「健康サポート薬局」の実現に向け、薬剤師の皆さまを応援いたします。

プラザコンサルティング株式会社


ウエルシア薬局様

ドラッグストアにおける今後の薬剤師の役割や研修のあり方について、薬剤師教育担当部長 上鶴さんにお話をうかがいました。

患者さんは十人十色。その人に合ったコミュニケーションを取らなければ、受け入れられない。

CFSコーポレーション様 写真

薬学的知識は独学で幾らでも学ぶ事が出来ますし、薬剤師は興味もあり得意だと思います。 ただ、学んだ知識というのは相手に適切に伝わらなければ、意味がありません。薬剤師の中には知識を保有する事で満足してしまいその情報をアウトプットする事が苦手な人が多いです。患者さんは十人十色。その人に合ったコミュニケーションを取らなければ受け入れられません。

自分の持っている知識をバッと一方通行に患者さんへ伝えると、閉ざされてしまいます。薬剤師はそういう経験により、一層コミュニケーションへの苦手意識が生まれてくると思います。

今までより「もう一歩」踏み込んだコミュニケーションを取れる様になれば素晴らしい。

厚労省から「かかりつけ薬局・薬剤師」について発表されましたが、改めて、薬剤師はあらゆる人に受け入れてもらう為のコミュニケーションを知る必要があると感じています。 例えば、ご自身の現状に問題認識の低い患者さんへのコミュニケーションは難しいです。 「別に変わりありませんから・・」と言われて会話が終わってしまう事が多々あります。 そういう患者さんに対しても、「何かサポートできる事は無いか?」と考え、今までより「もう一歩」踏み込んだコミュニケーションをとれる様になれば素晴らしいと思います。

また、未病の方もよく来店されますが、 健康を取り戻せるよう薬剤師がサポートできると良いと思います。「かかりつけ」の意味は、そういう事を実現する為に薬剤師自らが力を発揮していく事だと思っています。

医療業界専門の会社では無いが、「業界について勉強されている」と感じ導入した。

プラザコンサルティングさんは、医療業界専門の会社でない点が良い所です。 我々薬剤師はとても狭い業界にいますので、他業界の事例を教えて頂く事は刺激になります。一方で、調剤チェーンの研修を数多くやっている所も魅力的でした。 多少失礼な言い方になりますが、プラザコンサルティングさんの話を聞いて「業界について勉強されている」と感じ、導入を決めました。

業界の現状と違う事を言われると困ってしまいます。具体的には、受講者が研修内容について「実状と全然違う」と感じてしまったら研修として成り立たなくなってしまうからです。 これまで、プラザコンサルティングさんのお話をお聞きしている限り、業界の実状を踏まえ適切な内容の研修をご提供頂けそうだな、と思いました。

参加者の実体験に重なる、参加者が共感できる内容を。

CFSコーポレーション様 写真2

プラザコンサルティングさんのこれまでのスタンスは変えないで、色々な業界の事例を当業界の実情に合わせてご提供頂きたいです。また、参加者には学習内容を店舗に戻ってからしっかり活用してもらいたいので、これまで同様に当社の実状や課題を取り入れてプログラム設計・運営頂ければ有り難いです。

参加者の実体験に重なる、参加者が共感できる内容であれば、学習した事を現場で実践しやすいと思います。この手の研修は継続して実施する事で、研修内容を分かる人が多くなり、その内容を社内の色々な所で耳にする様になれば、成果が見えてくると思っています。

薬剤師研修をご検討されている方へ